読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「嘘、ときどき微熱」  ネタバレブログ

まんが「嘘、ときどき微熱」について書いていきます

「嘘、ときどき微熱」  第6話 あらすじ&無料お試し読み  元カノ出現で、地固まる?

 

こんばんは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです

 

このブログでは、北川みゆき先生の「嘘、ときどき微熱」について書いていきます

 

 

嘘、ときどき微熱」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

嘘、ときどき微熱無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「嘘、ときどき微熱」で検索🎵

 

 

なかなか先に進めない2人は、今度こそ前進できるのか。。。さっそく第6話について書いていきましょう♪

 

初めての講演会が成功に終わり、聞いていた方から「元気が出ました!気になっている元カレに連絡してみます」と言ってもらえて、涼子はとても喜びます。

 

そして吉乃がこの講演会の成功をお祝いするために、夜景の見えるホテルの部屋とシャンパンを用意してくれていたのです。

 

そしてやっと2人だけ甘い時間。。。と思っていたら、なり続ける吉乃の携帯。

 

しようがなく出た電話で、吉乃の様子が少し変になり、彼は突然帰ることになってしまいます。

 

結局、謝るだけで理由も言わずに置いていかれてしまった涼子は、翌日も急患の呼び出しだったと謝られますが、鳴っていたのは病院の携帯じゃないことに気付いていました。

 

そんなことを考えながら病院内を歩いていると、昨日の講演会で元カレに連絡してみると言っていた女性・椎名に話しかけられます。

 

そして話しているうちに、昨夜、急に盲腸になって入院した椎名が、実は昨日の電話の相手だということに気付き、自分を置いていった理由が元カノなら、それは本当に過去なのかと考えてしまいます。

 

結局吉乃は彼女のことを話してくれず、涼子は病室で吉乃にやり直したいと椎名が話しているのを聞いてしまい。。。

 

 

もしあの状態で置いていかれたら、やっぱりtossyも悩みます。

きっと嫉妬でいっぱいになってしまうと思います。

 

涼子の、責めずに相手が話してくれるまで待ち続けるあの忍耐力はすごいと思いました。

 

吉乃は何故涼子に言わないの。。。?と思いましたが、お互いがそれぞれ背負ってきたものがあるのは当然で、その事が相手に対する思いやりだったりけじめをつけることなら、それが終わるまで黙っていることも必要なのかな。。。なんてことを感じました。

 

まあ、それでもtossyは話してほしいなぁ、なんて思いましたけどね。。。

 

そしてやっと2人は結ばれるのですが、も~吉乃の眼鏡を外したあの目と2人の姿に💛ドキドキ💛💛きゅんきゅん💛ですよ~

(涼子の口の悪さが玉に瑕ですが(^^; )

 

雨降って地固まる、の2人にホッとしました~(^^)

良かった良かった♪  

 

 

嘘、ときどき微熱」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

嘘、ときどき微熱無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「嘘、ときどき微熱」で検索🎵