読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「嘘、ときどき微熱」  ネタバレブログ

まんが「嘘、ときどき微熱」について書いていきます

「嘘、ときどき微熱」  第5話 あらすじ&無料お試し読み  最低男との再会

 こんばんは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです

 

このブログでは、北川みゆき先生の「嘘、ときどき微熱」について書いていきます 

 

嘘、ときどき微熱」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

嘘、ときどき微熱無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「嘘、ときどき微熱」で検索🎵

 

 

ではでは、あまーい展開になるのかな~、なんて期待しながら、早速第5話について書いてきましょう

 

お互いの気持ちも更に近づき、吉乃はその先へと進みたがりますが、涼子はどうしても元夫の弟、という考えから逃れられず、モラルが邪魔をしてもう少し待ってほしいと訴えますが、吉乃はそれこそ今更の問題だといい、そのままケンカをしてしまいます。

 

そんな時、涼子は病院で仕事で来た元夫の薫と偶然ばったりと会いますが、涼子と結婚している時からの浮気相手・希美と結婚をする彼に「再婚するんでしょ。おめでとう。彼女とは長かったもんね。」と言い、薫と別れます。

 

涼子は自分でも驚くほど自然におめでとうと言えたのは、吉乃がいてくれたからだで、義弟だった彼と出会い救われたのだと思うのですが、今度はその元義弟ということが原因で前に進めなくなってしまい悩みます。

 

薫と会ったことを吉乃に言わないまま飲み会に行くと、そこには吉乃もいて、なんと他の人から薫と涼子が一緒にいたことを話されてしまいます。

 

更には気まずくなり、先にお店を出た涼子を薫が待っていて再婚する前に、2人の思い出を作らせてほしいと言われて。。。

 

 

出ました、最低男

 

再婚が決まっているのに「本当は。。。」とか「最後の思い出を。。。」なんて、下心丸見えの最低男のすることですよね。

こんな男とは離婚して大正解です

 

本当に吉乃と兄弟なのかと疑ってしまいます。

 

それにしても、吉乃のあのストレートな「抱きたい」っていうメール、tossyはちょっときゅん💛としてしまいました。

 

それに勘違いして迫った吉乃にことの真相を話した涼子の男前っぷりには、拍手ものでした

 

そして、涼子が肌を重ねることどうしても躊躇してしまう理由を知った時には、とても納得してしまいました。

 

そんな彼女を今度こそ温めてあげられるのかな~、なんて期待していたんですけど、見事な落ちがついていて、吉乃がちょっぴり不憫になってしまいました(^^;)

 

さあ、今度こそ深い仲になれるのか。。。次話もとっても楽しみです💛

  

嘘、ときどき微熱」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

嘘、ときどき微熱無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「嘘、ときどき微熱」で検索🎵

 

 

「嘘、ときどき微熱」  第4話 あらすじ&無料お試し読み  本当の幸せって。。。

こんばんは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです

 

このブログでは、北川みゆき先生の「嘘、ときどき微熱」について書いていきます

 

 

嘘、ときどき微熱」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

嘘、ときどき微熱無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「嘘、ときどき微熱」で検索🎵

 

 

ではでは、気持ちが通じ合った後の第4話について書いていきましょう

 

みんなの前で派手に告白してしまった涼子と吉乃の仲は、みんなの知るところとなり、遠慮なく一緒にいることができるようになった2人。

 

周りからは結婚の話まで聞かれますが、吉乃は元夫の弟で、医者以外の女性との結婚は認めない家の次男

 

しかもその事実は周りの誰にも話していないため、将来の話もありません。

 

更に、付き合っていれば当然お互いに触れあいたくなるものですが、涼子はそこでゴールがどこにあるのか分からないこの恋に、吉乃を巻き込んでしまっていいのか悩んでしまい、その先に進むことが出来なくなってしまいます。

 

そんな時、またしても希美が現れ、吉乃が女医とお見合いをすると聞かされます。

 

吉乃からそんな話を聞いていない涼子はそれが冗談だと思っていましたが、偶然吉乃が他の人とお見合いの話をしているところを聞いてしまい、彼が医者ではない自分とは結婚出来ないから、女医とお見合いすることにしたんだと思い、そんな考えを責める資格は自分にはない、と考えます。

 

お見合い当日、涼子は彼がただの「釘宮涼子」を必要としてくれていたこと、自分が自分でいることを認めてくれていたことを思い出し、だからこそ、自分も吉乃じゃなければ駄目だったんだと気づき、終わってしまう前に好きだという気持ちを思い出させてくれてありがとうと言うことだけでも伝えに行こうとしますが。。。

 

 

気持ちがどんどん大きくなっていって大事に思うからこそ、自分の都合に泡得てしまっているんじゃないかと思うその気持ち、とっても良く分かります。

 

そして、その事を言えない気持ちも分かります。

 

でも、お互いの気持ちはきちんと話していかないと、とんでもない勘違いを起こして、勝手に自己完結しちゃう、なんてことになるんですよね(^^;

 

でもこの2人の場合は、このくらいの障害なら絶対に乗り越えていけるはずだし、絆を深めていくためには必要なことのように思いました。

 

最後、吉乃のあんな表情とあんな台詞。。。本当に最高でした

 

それにしても、あの希美の奴、本当に性悪女です(--〆)

 

今度はどんな障害を用意してくるんでしょうね。。。次話もとっても楽しみです

 

 

嘘、ときどき微熱」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

嘘、ときどき微熱無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「嘘、ときどき微熱」で検索🎵

「嘘、ときどき微熱」  第3話 あらすじ&無料お試し読み  素直な気持ちは。。。

こんばんは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです

 

このブログでは、北川みゆき先生の「嘘、ときどき微熱」について書いていきます

 

 

嘘、ときどき微熱」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

嘘、ときどき微熱無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「嘘、ときどき微熱」で検索🎵

 

 

 

ではでは、すこーしだけ進展してきた第3話について書いていきますよ~(^^)/

  

少しだけ素直になってみようかと吉乃に心を開き始めた涼子ですが、周りにはなかなか2人の関係を知られないようにしているので、何かと気を遣う毎日。

 

それでも一緒の時間を過ごす2人。

 

ある時、吉乃が普段行っているバッティングセンターへ連れていってもらい、どちらがうまく打てるか勝負をすることに。

 

結局ホームランを連発した涼子が勝ち、景品としてゲームセンターで遊べるコインを貰い、ゲームをしたりプリクラを撮ったりして2人は更に楽しみました。

 

でも吉乃がトイレにいっている間に元夫の浮気相手で、再婚相手となった森希美が現れ、涼子に向かって「恥知らず」だといいます。

 

色々と嫌味なことを言われているうちに、思わず「吉乃先生を好きになるはずがない」と言い放ってしまい、それを吉乃に聞かれしまいました。

 

希美には、吉乃もそんなことはない、と話し、結局そのまま口もきかずに別れてしまいます。

 

謝ることも出来ず、自分のしてしまったことを後悔した涼子は。。。

 

 

やっと自分の気持ちの変化に涼子が気付いてよかった~(#^^#)

 

それにしても、涼子の思い立ってからの行動はすごかった

 

みんなの前思わず気持ちを言ってしまったり、真剣でうっかりなところがとっても可愛かったです。

 

吉乃は嬉しいし、たまらなかったでしょうね(^^)

 

屋上での吉乃の表情や、涼子とのラブラブシーンにはこっちがドキドキさせられました💛

 

さすがは北川先生です

 

このままラブラブな2人の姿がもっと見られるのか、次話もとっても楽しみです

 

嘘、ときどき微熱」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

嘘、ときどき微熱無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「嘘、ときどき微熱」で検索🎵

 

 

 

「嘘、ときどき微熱」  第2話 あらすじ&無料お試し読み  まだまだ素直になれない涼子の涙

こんにちは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです🎵

 

このブログでは、北川みゆき先生の「嘘、どきどき微熱」について書いていきます

嘘、ときどき微熱」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

嘘、ときどき微熱無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「嘘、ときどき微熱」で検索🎵

 

ではでは早速、第2話について書いていきますよ~(^^)/

 

 

 

元夫の弟・吉乃から告白された涼子ですが、当分恋愛はいらない、このまま友達として気楽な関係でいたい、と思っていた彼女は、彼の告白を受けること無く、今のままでいようします。

 

しかし彼に、色々と理由を付けて逃げているだけ、傷つきたくないから前へ進めない、ただの臆病な人だと言われてしまい、ケンカをしてしまいます。

 

そんな時、看護師の平野さんが吉乃に告白をするために、涼子に夜、呼び出してほしいとお願いしてきましたが、涼子は、自分で話したほうが良いということと、呼び出す勇気がなくて告白が出来るのかと言い断ります。

 

でも言いすぎてしまったことを後悔し、吉乃には昨日のケンカのこと、平野さんにはさっきのことを謝ろうと探していると、偶然にも平野さんが吉乃に約束を取り付けている場面ところに鉢合わせしてしまいます。

 

更には平野さんにも吉乃にも、吉乃への伝言を伝えに来たのかと勘違いされてしまい、急に冷たくなる吉乃の態度に涼子は何も言えなくなってしまいます。

 

その夜、吉乃と平野さんが会っている時、涼子はひとりで焼肉を食べながら吉乃と知り合ってからのことを色々と思い出します。

 

そしてひとりだって平気だったはずが、いつの間にかもうひとりじゃいられないことに気付いて。。。

 

 

なかなか、モラルが邪魔をして素直になれない涼子がとってももどかしくて、今回は吉乃に告白してくれる人が現れたおかげで少しは進展するんじゃないかと期待して読ませていただきました!

 

ひとり焼肉をしながら、ふと、「もうひとりじゃいられない」と思い泣いてしまった涼子がとってもかわいらしくて、早く吉乃の元へ行って~(>_<)なんて思ってしまいました。

 

そうそうそれから、吉乃の照れた顔がかなり可愛かったですよ~💛(*´∀`*)

 

まだまだ素直になれない涼子を、吉乃がどんな風に振り向かせていくのか次話もとっても楽しみです💛

 

嘘、ときどき微熱」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

嘘、ときどき微熱無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「嘘、ときどき微熱」で検索🎵

 

 

 

 

「嘘、ときどき微熱」  第1話 あらすじ&無料お試し読み 元義弟との出会い

 こんにちは~(^^)/

まんが大好き主婦のtossyです

 

このブログでは、北川みゆき先生の「嘘、ときどき微熱」について書いていこうと思います

嘘、ときどき微熱」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

嘘、ときどき微熱無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「嘘、ときどき微熱」で検索🎵

 

 

 

では早速、第1話のあらすじをおっていきましょう

 

神保総合病院の心理カウンセラーとして日々相談者の悩みに耳を傾けている釘宮涼子は、30歳にしてバツイチとなり、恋愛なんてもうこりごり。

 

特に医者ではないことが離婚原因になったので、選民意識のある医者なんてもってのほか

 

しかしそんな涼子の前に現れたのが、海外研修帰りだというイケメンの内科医・高橋吉乃。

 

彼と知り合い一緒に過ごす時間が増えていくうちに、涼子はだんだんと頑なだった心が解かされていきます。

 

そんなある日、一緒に食事をしている時に元夫の再婚相手とばったり会い、驚く事実が明らかに。。。

 

 

 

別れた元夫の弟との出会い

まさかの展開でした。

傷ついた涼子の心にさらなる傷が増えた時、読んでいるtossyまで辛くなりました。

 

泣きながら、「どう頑張ればいいの。。。?」と言った時には一緒に泣きそうになってしまったほど。

 

でも吉乃から語られる彼の気持ちに、涼子がちゃんと向き合っていこうとする姿にほっとしました。

 

それにしても、北川先生の描く人物は、本当に魅力的で、心が奪われます

 

この続きもとっても楽しみです

嘘、ときどき微熱」は電子コミックで無料お試し読みができます

まんが王国というところで読めるので、ぜひ読んでみてください

嘘、ときどき微熱無料お試し読みはこちらまんが王国

 サイト内で「嘘、ときどき微熱」で検索🎵